燃焼系燃焼系 vol.2

脱サラして農業へ挑戦 シクロクロスM2でも奮闘中

皮算用。

昨日までの天気から一転

天候が周期的に変わる

 

今日は3月1日に定植するハウス3棟のマルチング

ハウスなので雨だろうが雪だろうがほぼ関係ない

 

灌水チューブ設置

マルチング

定植位置のマーキング

 

2時間ほどで終了

 

今季から株間を70センチ(昨季まで75センチ)に

1棟あたり150本(対前年比11%増)

3棟で450本

 

西瓜は定植本数が決まれば、機械的に出荷玉数が決まる

栄西瓜は1本の苗に対して、交配は4個とか5個するが、間引いて最終的に(原則)2玉とする

あとは、2個を大切に見守りながら出荷を待つ

でも、途中で裂果したり、萎んだり、カラスにつつかれたりで、減っていく

なので、いかにそういうことを減らすかが、結構大事だったりする

 

過去の成績をみると、だいたい1.8個(10株中2玉のロス=10%ロス)

今年の3月1日の定植本数にあてはめると、450本x2玉x0.1=90玉もロスしていることになる

 

1玉あたり(低く見積もって)1000円としても90千円も損失している

さらに、今季定植は3200本を予定していて、これをあてはめると

3200本x2玉x0.1=640玉

640玉x1000円=640千円

結構なロスになる

 

640千円なんて、散歩しても落ちていない

日々の努力でロスの低減につなげたい

 

あーーー農業って奥が深い