読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

燃焼系燃焼系 vol.2

脱サラして農業へ挑戦 シクロクロスM2でも奮闘中

Netatmoのランニングコストについて考える。

温度管理 雑記

真冬になる。

今朝は、何気に天気も良く氷点下。

ハウス内は4度まで冷え込む。

f:id:gozaru3:20160216075529p:plain

 

 

Netatmo。

(屋内センサー)

f:id:gozaru3:20160213140501j:plain

電源のない場所なので太陽光パネル+バッテリーで電源をつくって、ルーターと写真のNetatmo本体に電源を供給する。

 

電源自体は、コストはかからない。

が、データ通信するには、ルーターの維持費がかかる。

現在のキャリアは、DTI

データ通信の契約で、月額600円(税別)で1GBまで使える。

 

Netatmoは、5分ごとに送られてくる。

なので、1時間あたり12回で、1日あたり288回。

データ量をルーターの通信量から割り出す。

 18時間のデータ量は、121.69KB。

1時間あたり、6.76KB。

1回の計測で、0.56KBとなる。

1日あたり、0.56KB×288回=161.28KB。

月(31日)あたり、4999.68KB。

多く見積もっても、6MBくらいだろう。

 

なので、1GBなんてもったいないが、それ以下のプランはないのでこれしかなかったのだが・・・

 

しかし、先日、偶然発見した料金体系。

lte.so-net.ne.jp

どうやら月500MBまでは無料らしい。

・・・ということは、これに乗り換えると、ランニングコストが実質ゼロになるということか??

 

ランニングコストが(現在)7,200円→(変更後)0円となる。

 

ただし、解約手数料(DTI):3,000円(SIM返却の場合は無料)と契約手数料(So-net):3,000円が発生する。

 

とりあえず、契約だな。