読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

燃焼系燃焼系 vol.2

脱サラして農業へ挑戦 シクロクロスM2でも奮闘中

診断

長女が風邪をひいてから1週間が経過。

症状がでた翌日に、かかりつけの病院で受診し、内服薬をもらう。

内容は、気管支拡張剤と気道粘液調整剤。

が、一向に症状が改善されない。

強烈な発咳としつこい鼻水。

 

今日は、偶然、アレルギーでかかっている米子の病院を受診。

ここで、ついでに・・・よく診てもらう。

鼻腔をのぞき、「ありゃ〜、ひどいな〜」

症状と処方薬を見て、マイコの検査をする。

 

数十分後、強陽性の反応。

 

・・・どうりで、改善しないはずだw

 

通常の風邪はウイルスによるものが多いが、直接作用する薬剤は少ない。

なので、症状を改善する薬剤が処方される。

今回、診断されたマイコプラズマは、細菌の仲間。

なので、抗生物質が効く。

効く薬は限られるものの、飲めば、大概効果がある、、、とされるが、さてどうなるか。

 

ひとまず、原因がわかってよかったと思う。

抗生物質を含まない)薬を飲んでも、改善されない場合は細菌性の感冒を疑わないとな、、、

 

しかし、マイコプラズマ診断を、その場で下せるというのはいいことだ。

検査体制が整っているってこと。

経験による診断よりも、根拠に基づく診断だと、なんだか安心する。

これからは、よりそういう時代ってことだ。

 

マイコプラズマは特殊な「培地」にしか生えない。

非常に繊細な生き物なのです・・・

f:id:gozaru3:20151222195658p:plain

 

------

久々にローラー。

30−30を12本。

きつかったが、20分で終了できる。

効果があるかどうかはわからないが、やらないよりはましだろ〜、きっと。

 

f:id:gozaru3:20151222200037p:plain

 

長女の風邪がうつったようだ。

病は気から!

がんばろ。