燃焼系燃焼系 vol.2

脱サラして農業へ挑戦 シクロクロスM2でも奮闘中

自作

TORQUE(トルク) SKT01。

昨日から、よく使うアプリのインストールを含めて各種設定をやる。

いちばん時間がかかったのが、連絡先の移行。

ググってググってググりまくって、なんと目処がたった。

ただ、ガラケー単独の連絡先は手動で入力せねばならない。

4月以降はガラケーに入れているので、、、しばらく時間がかかるか。

 

問題は、充電。

マイクロUSBで、都度、本体のキャップを開けて差し込むので、そのうち馬鹿になってしまうだろうと予想。

海外ではクレドールを売っているらしいが、5千円もする。

さらにググると、自作されている方もいる。

なので、午後から自作に挑戦。

 

単純に。

使ってないUSBケーブルの片方(ハブに差し込む側は残す)を切断し、本体裏側の電極に触れるよう細工をするだけ。

USBケーブルには4本のコードが入っているが、幸い、赤と黒だったので通電できたので、、100均で買った銅線と結線。

これまた100均にあったアクリル板に電極の位置にくるよう穴を開け、銅線をつっこみ、先っぽを折り曲げた。

仕上げは、グルーガン

f:id:gozaru3:20151217181207j:plain

 

そして、置いてみる。

f:id:gozaru3:20151217181753j:plain

うまく通電したものの、、、僅かなズレで、通電しなくなってしまう。

銅線を微修正して、ズレの頻度を最小限に。

 

ビジュアル的にはイマイチだけど、コネクタキャップを外すことを考えると、良い出来だと、、、思う。

 

今後、接点のパーツを物色せねば・・・

 

-----

朝一で、これまた自作

f:id:gozaru3:20151217182039j:plain

今期、最後の作品。

ハバネロとホットポルトガルを1:1で混合。

ホットポルトガルは、スコヴィル値 5,000〜30,000と日本で普通に買うことができる唐辛子と同じくらいの辛さ。

一方、ハバネロは、350,000以上。

ハバネロ単独よりは、まろやか(・・・な気がするだけ)。

 

来年は、もう少し本数を増やして増産する。

売れるかな・・・・

 

あ、冷凍庫には凍結保存したハバネロがあるので、ジャムを作成せねば・・・

 

------

夕方、30−30を12本。

アップ含めて21分でさっさと終了。

寒く、短時間だったが、むっちゃ汗が滴り落ちた。

 

距離タイム平均スピードカロリー高度上昇量
8.65 20:56 24.8 152 0
km h:m:s km/h C m

 

明日もがんばろ。