読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

燃焼系燃焼系 vol.2

脱サラして農業へ挑戦 シクロクロスM2でも奮闘中

回顧

運動

第70回米子鳥取間駅伝競争大会。

人生最初で最後の参加(になるだろう)。

だが、チームは郡市町村の部で3位(10チーム中)。

全体でも15位(52チーム中)

 

2日目は1区と最終区のサポート。

f:id:gozaru3:20151112184315j:plain

 

まずは1区。

これまた初めてのサポートなので、緊張する。

ランナーのアップを見ていても、なんだか見入ってしまうほど。

あいにくの小雨だけど、降ったり止んだりで、スタート時には止んでいた。

 

f:id:gozaru3:20151112184325j:plain 

1区は区間5位でタスキをつなぎ、その後はジリジリ後退・・・

f:id:gozaru3:20151112184326j:plain

最終区、N尾先生。

しっかりアップをされるが、、、あと数十秒でタスキはつながらず、繰上げになる。

 

急いでゴールに向かうが、渋滞・・・・

裏道をうまくつないで、ゴール前に到着。

すごい人だった・・・

 

駅伝は付き添いなしではできないな、と改めて感じた。

選手でなくても、付き添いでも十分楽しめる。

来年は、それでもいいな、と思う。

 

が、回顧しておく。

初日6区、6.4km。

打診があってから1ヶ月、付け焼き刃的な練習をしたが、所詮、その程度の結果に終わった。

f:id:gozaru3:20151110192827j:plain

 

入りはキロ3分。

明らかにオーバーペースなので、落とすが、強目の向かい風に終始やられた。

ピッチを早めたりしながら策を尽くすが、結局ペースは上がらず。

沿道の声援に背中を押してもらいながら、なんとか繋いだってところだろう。

しかし、地元を走るというのは、かなり恥ずかしかったな。

そして、側から見ると「ブレーキ」であり「失速」したと言われる。

わかっていたことだけど、正直悔しい思いがかなり強い。

少なくとも5キロを18分以内でないとな、と思う。

来年はないが、鳥取マラソンにむけて、しっかり走り込んで行こうと思う。

11日からエントリーのようだ。

 

がんばろ。