読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

燃焼系燃焼系 vol.2

脱サラして農業へ挑戦 シクロクロスM2でも奮闘中

死角

胡瓜の収穫が始まって1月あまりが経過。

8月の天候不順で、全国的に高値で推移。

スーパーで1本100円・・・たたた高いぞ・・・

 

部会の成績をみても、出荷量は前年より1割少ない。

でも、単価は2割ほど高く、全体の販売価格は1割良いという状況だった。

 

しかし、前年を振り返ると、鳥取はかなり曇天が続き、日照時間が平年の1/10だったと記憶しているが、それよりも収量が少ないってのはどういうことだろうか?

当農園では、実は、収量は大幅に上回っている。

なので、売り上げは前年同期よりも良い。

 

要因は多岐にわたると思うが、西瓜も胡瓜も、もっと言えば、なんでも、、、「今、できる事」をしっかりやっておかなければ、いい波に乗れないし、最悪の状況が訪れた場合でも被害は最小限にできる。

なので、日々の管理をしっかり考えながら実践しないとダメなんだ、と改めて感じる。

 

・・・と言いながら、最近、ジャンボ胡瓜に遭遇する機会が増えている。

f:id:gozaru3:20151004181012j:plain

これは、しっかり見て収穫できていないことと、摘葉が甘いことを意味する。

つまり、死角が多いってこと。

これで、収穫適期から3〜4日見過ごされている大きさ、だと思う。

 

しっかりせねば・・・