燃焼系燃焼系 vol.2

脱サラして農業へ挑戦 シクロクロスM2でも奮闘中

駅伝

第69回中部駅伝競争大会に参加。

 

市町の部10チーム。

一般の部4チーム。

高校の部2チーム(育英A・B)。

 

 

北栄町Bチームで(初)参加させてもらう。

7時に役場集合で、送迎などを確認。

私には、幼馴染の敬道くんがついてくれる。

(って、なんで付き添い?なんで走らん??という疑問もある)

とはいっても、立ち振る舞いなど全くわからないので、敬道くんの付き添いで不安は払拭。

 

私は7区(4.99km)なので、時間もあるので、1区と2区を応援。

さすが、上位の走りは力強い。

 

 

(1区 第二集団)

f:id:gozaru3:20150914180158j:plain

 

 

その後、7区のスタート地点まで行き、アップ開始。

軽くジョグを20分ほど。

ちょうどいい感じに晴れ間が出てきて、汗がじんわり出てくる。

風も心地よい。

 

 

(7区中継所)

f:id:gozaru3:20150914180355j:plain

 

予想通り、トップはAチーム。

2位とは2分くらいの差か。

2位と3位は育英。

その後、少し空いて、バラバラと。

 

Bチームはまだ来ずで、繰り上げスタートの準備。

どうやら、毎年、5、6チームはそうなるようだ。

一人よりもペースが作りやすそうなので、素人には好都合かなと、なんだか安心する。

 

で、トップから15分経過し、繰り上げで(たしか)7チームがスタート。

ペース配分がわからないが、コース自体は緩やかな下り貴重。

前日に1km地点を確認しておいたので、そこまでで調整しながらキツくない程度で入ってみる。

前には同時スタートの3人で、1人はかなりの勢いで飛び出すが、スルー。

1kmで3’50”。

キツくないが予想外に速い。

練習でもあまり出ないペースなので、気持ち落として、あとはこのペースを維持するのみ。

中間点はよく覚えていないが、8分台後半だったか。

前3人は少し長くなって、3番目のペースが落ちてきた。

 

残り1.5km地点で家族の応援もあって、落ちないようにがんばる。

3番目が、目の前に。

向かい風がキツく、追いついて、後ろに付いてみる。

が、ペースが落ちたので、追い抜く。

残り1kmの看板。

あと4分あと4分と思いながら、最後の緩やかな登りを歩幅を小さくしてクリア。

最後200mを全力で駆け抜けて、タスキを渡す。

 久々に、出し切ったと思える感覚だった。

 

私のタイムは18’57”と、目標をなんとかクリア。

 

その後、ゴールに向かう。

すでにAチームが2位に1分以上の差をつけて優勝を決めていた。

Bチームは、知らぬ間に、ゴール・・・ 

 

夜は、祝勝会。

さすが、69回もやっている伝統の大会。

なんと(中華料理屋さんの)会場に、優勝旗がドーンと掲げてある・・・(写真なし)

そして、しこたま飲む、食べる。

かなり楽しい時間を過ごせた。

 

まったく経験のない集団の中に入るのは、少々気が引けたが、どのメンバーもウエルカムな感じで少しは馴染めたと思う。

ただ、、、この大会は米子鳥取駅伝の調子を見る大会として位置付けられている雰囲気で、話の流れ的に少々不安・・・

そして、すでに、今後の練習メニューの発表もあったし・・・

9月18日には1000を5本とか、次の金曜日には5000TTとか、300を10本とか・・・確かに、参加すれば速くなると思うが、やっぱり敷居は高い。

でも、がんばれば、あと1分は縮むかな。

 

また新たな目標ができた。

やっぱり駅伝は楽しいぞ。